Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緑蛇考 その2
2010年 04月 30日 (金) | 編集

アッサムグリーンラットスネーク Rhadinophis frenatum

フレナータ

来て早々、冷凍ピンクを呑んだ。
こうして見るとやはりWCはお肌が汚いなあ。長期間ストック物とのことだが、やはり肌理は戻らないらしい。
吻端も若干変形してるし…でも、色が素敵だから無問題!
その内調子にのってCBも迎えてしまおうかしら。


フレナータ

 ところでこのヘビ、プラシナに近いとか、同属だとか何とか言われている様ですが、実際手にとってみると雰囲気が全然違う。少なくともアオダイショウとシュウダに見られる違いとは比べ物にならない気がしますね。
 外っ面の印象だけですが、まず、プラシナと比べてかなり細長い。次に胴部の断面がプラシナはほぼ丸なのに対して、こちらは縦長で、側面には筋肉の筋がはっきり見えます。頭部の形も扁平で吻が長く、顔つきの印象もかなり異なっていて、これらの特徴はどちらかと言うと、ホソツラなどの Gonyosoma 属によく似ていると思うのです。
プラシナの方はどちらかと言うと体型も顔も Elaphe 寄りに見えますね。

フレナータ

 まあ、フレナータは最近までプラシナと一緒にゴニオソーマに入れられていたのでよく似ているのは道理なんでしょうけど、Burbrink and Lawson (2007)の系統樹を見ると、ゴニオソーマは驚くことにナンダが含まれる Ptys 属とクレードを形成していて、その他の旧エラフェ全部と姉妹群になっている模様。
フレナータやプラシナは2種で単系統になっており、その他広義エラフェクレードの中ではトリンケットなどの Coelognathus 属の次に分岐しておるようです。
と言うことは、フレナータとプラシナの姉妹群は Coelognathus 以外の広義エラフェ全部ということで、つまりゴニオソーマとはそんなに近いとは言えないっちゅうことですな。


フレナータ

 この論文、まだつまみ食い的にしか読んで無いのでこれからじっくりと読んでみようかと思いますが、プラシナはもとよりその他の広義 Elaphe 群に近いとなればホソツラによく似たその形態は、より樹上の生活に合わせた平行的な形質なのかもしれませんね。

まあ、まだまだ勉強不足でございます。
Utiger et al. (2005)も読みたいんですが、ジャーナルがダウンロード不可みたい。



Comment
この記事へのコメント
直観的、もしくは趣味的な視点で見ていると分子系統は中々受け入れ難かったりしますよね。フレナータ(タム)がゴニソマに入るのは僕は何だか気持ち悪いっす、笑。

Utigerは多分持ってたはずなんで、梱包を解き次第コピーを渡すっす。
2010/ 05/ 03 (月) 22: 17: 50 | URL | # -[ 編集 ]
はじめまして
このヘビの緑
奇麗です見とれちゃいます
家嫁がヘビNGなんで・・・
素敵な写真楽しみにしています
2010/ 05/ 03 (月) 22: 31: 48 | URL | taka # -[ 編集 ]
takaさん
こちらこそ初めまして。
蛇やら蝶やらで纏まりの無いブログですが、末永く生暖かい目でお付き合い頂けますと幸いでございます。
2010/ 05/ 04 (火) 19: 59: 57 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
蛇やトカゲなんかの脊椎動物は昆虫に比べたら直感的な視点が通用し難い気がしますね。まぁ僕が細かく見てないだけですが(笑)
上ではああ書きましたが、僕もフレナータムがゴニオソマに入るのはちょっと気持ち悪い気がします。

論文のコピー、有難うございやす。
2010/ 05/ 04 (火) 20: 08: 02 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。