Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哀愁のrex
2010年 04月 16日 (金) | 編集

今日は東南アジアのちょうちょにしようと思ったんですけどね。何時の間にやら気付いたらアフリカものに...

Papilio rex

レックスマダラアゲハ Papilio rex rex
(Mt. Kilimanjaro, Mkoa wa Kilimanjaro, Tanzania, Feb. 2009)

そう、レックスはティラノサウルスだけではないのです。
アフリカのアゲハの中では似た斑紋や翅形をした種は他にはおらず、まさに怪蝶と言ってよい種なんですが、ザルモクシスやアンティマックスの陰に隠れてややマイナーに甘んじているところが少し悲しいですね。特に日本では人気がない。いや知名度が低い。良いチョウなんですけどね。

オスは前翅がもっと横に長く尖っていて格好良いんですが、ボロッボロの個体しか持ってないので今回はメスのみ。メスは丸みがあって少し小振りですが、アフリカのアゲハの中でも特に珍品で得がたいようです。

実はこのチョウ、マダラチョウ亜科のフォルモサコモンマダラ Tirumala formosa に擬態しているようでして、非常によく似ているんですね。フォルモサも白黒の斑模様が一般的なコモンマダラ属 Tirumala の中では一際変わっている種で、そういった特殊な存在に対して擬態しているというのは非常に面白いと思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。