Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土蜘蛛の誘惑
2010年 02月 01日 (月) | 編集

 アダルトラットSを召し上がるヨナグニシュウダ。ここから更に大きくなって欲しいが、これ以上はケージのサイズアップを計らないと厳しいかもしれない。


ヨナグニシュウダ

ヨナグニシュウダ

ヨナグニシュウダ

ヨナグニシュウダ Elaphe carinata yonaguniensis


 ところで随分前から自身の中に予感はあったのですが、最近特にタランチュラが気になります。昨日なんてジュンク堂で「ビジュアルガイド タランチュラ・サソリ編」を危うく買いそうに。あんなコレクション性のある素敵クリーチャーに手を出したら私の性格からして危険なことになるのは全くの必定、自明の理であるのでこれまで敢えて目を背けてきたんですが、なんか最近やたらとプッシュしてくる人物が身近にいるのですよ。全く質が悪いと思いながらもついつい画像検索かけてる自分がいたりしてこれは宜しくない。なんか格好良いのや綺麗なのが結構いるじゃないとか考えている自分は大変宜しくない。フタオチョウと爬虫類だけでも結構厳しいというのに何考えてるんだ、私。

 まぁせめて図鑑だけでもと思うのですが、虫屋の性か高次分類や種数などのシステマティックな情報や、系統や分布なんかの自然史的な知識を得てしまうと、間違いなく紙の上では納まらないのは明白なので、危うく思い止まった訳です。

 嗚呼タランチュラ欲しい。


Comment
この記事へのコメント
初めましてacraeoides様、タランチュラ是非!スペースも取りませんし、手間も掛けません、この手の生き物は見たいという欲望は、すぐさま欲しいに変化します。
是非1匹、2匹、3匹・・・・と魅力にとり付かれてください(笑)。
2010/ 02/ 01 (月) 06: 55: 58 | URL | Mr Monday # -[ 編集 ]
個体自体が地味に高いのがきついですね苦笑

僕は次飼育するとしたらオーナメンタル系を狙ってます^^
2010/ 02/ 01 (月) 18: 59: 24 | URL | ジーク # -[ 編集 ]
Mr Mondayさん
こちらこそ初めまして。コメント有難うございます。

タランチュラ、手間も掛からずメスなら長生きで素晴らしいですし、何より格好良いですよね。
間違いなく手を出すと増えてしまいそうです。
2010/ 02/ 01 (月) 21: 00: 58 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
ジークさん
間違いなく手を出したら破産しそう。

これから色々と覚えていきますが、とりあえず青いのと毛が多いのが好きです。
2010/ 02/ 01 (月) 21: 03: 11 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。