FC2ブログ
Lepido and Scales
Omothymus sp. "Sumatra tiger"
2018年 02月 21日 (水) | 編集

Omothymus sp. Sumatra tiger

スマトラアースタイガー Omothymus sp. "Sumatra tiger"

樹上性の大型種。
体型、模様、色、動きすべてが「格好いい」の形容詞に集約するクモ。
マレーシアアースタイガーことO. schioedtei に一見よく似ているが、背甲と腹部の色が異なり、全体的に色合いは暗くてシック。腹部の模様にも、やや違いがあるように思える。どちらが綺麗と感じるかは人それぞれだが、私はこちらの方が好みである。
写真では表現できなかったが、脱皮して日が浅いうちは腹部が光の角度によって青い幻光を発し、それはもう美しい。

Omothymus sp. Sumatra tiger

もともとこいつにはCyriopagopus 属があてられていたのだが、2015年に上記のマレーシアアースタイガーschioedtei を含め、構成種全てがOmothymus 属に移動になったため、sp. 扱いのこいつもそのように扱われている。まあどう見てもschioedtei に近いから、それで問題なかろうと思う。

今後、分類されるにあたっては、独立種もしくはO. schioedtei の亜種として記載されるかのどちらかになるだろうと考えている。
正直、どちらでも良いとは思っているが、マレー半島とスマトラに、非常に近縁の別種がそれぞれ固有で分布するというパターンはあまり蝶では見かけないので、そういう意味では、どう分類されるか大変興味深い。もっとも、飛ぶことの出来ないオオツチグモと飛べる昆虫とでは、分岐の深さが同じではない可能性があるかもしれない。

マレーシアアースタイガーと同様、非常に気が強く、走り回らずにすぐに上体と脚を上げて威嚇するので、慣れれば扱いは楽である。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...