Lepido and Scales
人参蝶
2014年 11月 11日 (火) | 編集


(Bantimurung, Sulawesi, Indonesia)

ザリンダトガリシロチョウ Appias (Catophaga ) zarinda

いい加減、放置し過ぎな気がしてきたので、PCの中から無作為に掘り出した画像でお茶を濁す。
本種はトガリシロチョウ属のベニシロチョウ種群nero groupの一種でスラウェシ固有種。翅形といい大きさといい、まさにスラウェシを体現する存在である。そのベタ塗りの人参色はシロチョウ科の中においても類を見ない。
そもそもの個体差だとか、しばらく紫外線に曝されると色が変わるだとか、都市伝説の如くああだこうだと言われているが、これとは別に京人参としか言いようのない赤に染まる個体も多い。
そう思って見ると、この翅の形も如何にも京人参っぽいではないか。

因みに本属は英名をAlbatrossという。ほとんどの種が白いので分からなくはないが、そこまで鈍重、雄大なイメージのある蝶ではない気がする。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...