Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白黒つながり
2009年 11月 15日 (日) | 編集
Abraximorpha heringi ssp.

A. heringi

A. heringi
♂; alt. 1450m, Bach Ma National Park, C.Vietnam, 23. Apr. 2007

恐らくベトナム初記録のセセリチョウ。
2007年の春に中部ベトナムのBach Ma国立公園で蝶類の調査の折に採集したもの。
 中国南部から知られている種で、かなりの珍品。このセセリを採集した日本人はあまり居ないと思うとか、ちょっと自画自賛してしまうくらいレア(しかしマイナー)な種です。

 この時は同行者も含めて10個体くらい採れたのですが、「中国蝶類図譜」に図示されている個体よりも白色部の面積が広く、比較的異なった印象で、同行者のロシアの研究者は、でっかい声で「新種だ!」と言っておりました。しかし、まあ亜種レベルの差異でしょう。

 最初に山頂部の開けた梢間をパタパタ、ヘロヘロと飛翔しているのを見つけた時、「何だ、マダラガかシャクガだな…さっき採ったしな。それよりもシジミを採らねば」と思いきりスルー。しかし何となく気になり、目で追って行くと、梢の裏側にぶら下がり、翅を全開で静止。昼行性のシャクガによく見られる静止姿勢なので、この時点でもガだと思っておりました。

 一通り見回して、他に大したチョウが居なかったので、先刻の「ガ」をもう一度、今度は近くで見たところ、

胴体が太い…

何だか翅に張りがある…

アンテナ随分長くてまっ直ぐだな…

さらに近付いて凝視すると、「…げ、セセリ!」

慌てて採り込みましたが、完全に騙されたのは後にも先にも、本種だけです。
こいつの擬態は半端なく凄い。

以下の3枚が本種を採集した環境。開けた山頂です。

ベトナム
ベトナム
ベトナム
Alt. 1450m, Back Ma N.P., C.Vietnam


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。