Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンドラノドルス
2013年 05月 19日 (日) | 編集

C. andranodorus
(Beparasy, Madagascar)

ウラギンオオフタオ 名義タイプ亜種 Charaxes andranodorus andranodorus

マダガスカル固有種のアンドラノドルスフタオ。
その聞くからに重厚な種小名の語感に恥じず、西アフリカのフルニエフタオと共にエチオピア区のフタオでは最大級の大きさを誇ります。
この標本の状態でオスの開長75mm、メスは95mmですが、Paulian(1956)は『マダガスカルの動物相』の第2巻(Faune de Madagascar Ⅱ)』の中で、開長95mmのオスと118mmのメスを記録しています。オスだけなら確実に世界最大のフタオでしょう。
尾突も凄く、もはや「フタオ=双尾」でもない。

ただし大きいのはマダガスカル東部にいるこの名義タイプ亜種だけで、西部のssp. andrefana はこれの半分くらいしかありません。斑紋構成は全く同じだけど色ももっと明るいし、ほんとに同種なんだろうか。
写真では上手く表現できませんでしたが、裏の白色部は銀白色で、白粉を厚塗りしたような質感。そのため、ウラギンオオフタオという和名で呼ばれることも多いですが、私はやっぱりアンドラノドルスと呼びたい。

かなりの有名種で人気がありますが、そこそこ出物を見る機会はあって、同じくマダガスカル固有でこの種に最も近縁だけど全然有名じゃないフラオルテスフタオC. phraortes の方が遥かに少なく入手は手強い。ナイジェリア固有のレゲリィと共にいつかこの手にする日は来るのだろうか。





Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。