Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
降臨
2012年 12月 07日 (金) | 編集



ベルナルダスフタオ バンカ島亜種 Charaxes bernardus phlegontis

やった。やりましたよ。
大念願のバンカ島のベルナルダス。なんだチャイロフタオか、などと馬鹿にしてはいけない。
ベルナルダスは基本的にはどこでも破滅的普通種だけど、バンカのは違う。おそらくもう十何年も新しいのは採れていないと思う。だってベルダルダスだよ? そんな馬鹿なと思われるかもしれないけど、真実この島のは伝説に伝え聞くレベルの珍品で、正直世界でどれだけの数があるのか、というくらいだと思う。
それが手元にあるなんて、未だに信じられない。思わずちゃんと撮影する前にコンデジでこんな写真を撮って、ほんとに写るか確かめたくらいだから。

このフレゴンティスは原記載のザイツの大図鑑(Fruhstorfer, 1914)にも、そしてマレー諸島を網羅する塚田図鑑を始め、どの図鑑や論文にも図版がない。もちろんインターネット上には皆無。
かの大英自然史博にもHagen先生が1891年に採集した1♂しかなく、かつてそれを実見した時は手が震え、鳥肌が立った。そのフレゴンティスをまさか今生で、しかも自分の箱の中に拝める日が来るなんて思っていなかった。ちょっとボロいけど全然気になりませんね。そんなこと言ったら神罰が下る。

フタオを集め始めて10年。10年の歳月の果てに我が箱に降臨。
そして本種全亜種コンプリート達成。




Comment
この記事へのコメント
初コメ、だったと思います。
門外漢の私には正直どれほど貴重なのか分かりませんがきっと大変な事なのでしょうね。
私も以前は標本を集めた事もあるのでこの喜びを少しは理解できるつもりです。
おめでとうございます。
文章を拝読してから改めて写真を拝見するとなんだかオーラを感じますね。
↓のカスリも本当にきれいです。
2013/ 01/ 13 (日) 08: 01: 39 | URL | naoggio # G0VbINhw[ 編集 ]
naoggioさま
はじめまして。コメントありがとうございます。
いつもいつもマニアックな内容で恐縮です。この場合、オーラというよりは私の怨念かもしれません(苦笑)

カスリを始め、アフリカのフタオは本当に綺麗ですね。
2013/ 02/ 03 (日) 19: 36: 05 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。