Lepido and Scales
最大美麗
2012年 08月 16日 (木) | 編集

Pyrrhochalcia iphis
Pyrrhochalcia iphis
(♂, Abidjan, Cote d'Ivoire)

イフィスオオセセリ Pyrrhochalcia iphis iphis


先日ふと思ったのだけど、スパイダーマンって尻の先じゃなくて手から糸出すんだっけ?。
だとしたらクモよりもエンビオプテラことシロアリモドキ、つまりウェブスピナーマンだよなぁ…
個人的な偏見で言えばクモよりも昆虫の方がエライんだけど、でもやっぱりシロアリモドキじゃ格好付かないですね。特にシロアリモドキなんて、昆虫の中でもエライ部類の虫なんですけどね。初めて見た時は感激したし。


写真はアフリカ中西部に棲む世界最大級のセセリチョウ。前翅長(前翅前縁の付け根から端まで)は37mmあり、翅を広げた時の横幅は7センチもある。その大きさと迫力は東南アジアのバナナセセリ Erionota thrax や、コウモリセセリ Gangara thyrsis には及ばないとはいえ、アフリカ圏では間違いなく最大種。

アオバセセリの仲間なので、上の彼らにはない上品さがあるのが素晴らしい。表のベルベット調の鱗粉と、裏の妖しく輝く暗緑色、そして頭部と腹端のオレンジのワンポイントが美しいですね。メスはもっと綺麗なので、そっちも手にとってみたいもんです。

両アンテナと片側のパルピが欠損していたのと、翅の縁毛がスレているのが惜しいです。






Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...