Lepido and Scales
小属ながら
2012年 04月 10日 (火) | 編集

Coelognathus helena helena

トリンケットラットスネーク Coelognathus helena helena


久し振りの登場だけど、もうこれ以上、特に何も書くことがない。
居てくれるだけ、それだけで良い。そういうヘビです。
ラディアトゥスはでかくて存在感があるので良いとして、このヘレナも、フラボリネアトゥスも、エリスルルスも、サブラディアトゥスも単品だけでは只のしみったれたヘビでしかない(愛の裏返し的表現)。
こういうのは全種が一堂に会してこそ輝く気がする。
とはいえ5種しかいない属のくせに、亜種も多くてしかも殆ど流通しないもんだからコレクションは難しい。そういうヘビでもある。インドものと島ものは中々…そういう意味では昆虫(標本)はしっかり出回るから良いですね。全体的に標本商とコレクターの情熱が違うのかもしれません。まあ、ある所にはあるんでしょうが。





Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...