Lepido and Scales
madensis再び
2012年 01月 08日 (日) | 編集

Charaxes madensis
Charaxes madensis
(♂; Buru Is., Southern Maluku, Indonesia, Jul. 1999)

マデンシスフタオ Charaxes madensis


随分昔にアップしたことがあるマデンシス。その時のは余りにも写真が酷かったので、撮り直していたものを再び。
インドネシアのブル島固有種で、ほぼ茶色一色の種が多く、「かっこいいけど地味」という称賛を頂くこのグループの中においては相当な美麗種。
このオスのこってりとしたコンデンスミルクのような乳白色を見る度に、不二家のミルキーを思い出すのは、決して私だけではあるまい。いや多分。


Charaxes madensis
Charaxes madensis
(♀; Buru Is., Southern Maluku, Indonesia, Jul. 2003)

メスもその後に綺麗な個体を展翅。この写真では分り難いけれども、オスより2周りは大きく、大体手のひらくらいの大きさで大迫力なのですよ。
惜しむらくは尾状突起が一本欠けているので、ボロい標本からパーツを取って修理したい。
めんどくさいからその内だけど。





Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...