Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幻想的世界旅行
2011年 09月 21日 (水) | 編集

kordensis


コルドホソオオトカゲ Varanus (Euprepiosaurus) kordensis
(インドネシア, イリアンジャヤ, Biak島固有種)


 毎日毎日、巨大なアトラス世界地図とグーグルアースとグーグルの地名検索画面を睨みつけて、標本データを白地図にプロットしてると、なんだかもう、自分が日本にいる気がしなくなってくる。そう私は旅をしている。

 インドのSrungavarapukotaとかいう聞いたこともない地名をようやく東ガーツ山脈の中央東側に見つけたときは、私は無辺のガンジスを彷徨し、ときにブータンのフロンティアにRaidhak川を発見すれば、私はダルシンと共に風に吹かれ、ときにナガランドの丘陵地にNichuguardという地を見出した折には、私はトラを恐れて藪に潜み、またある時は北スマトラを衛星画像で俯瞰しながら、私はLeuser山を縦走し、海を渡ってカリマンタンに辿り着けば、私は西部低地から中央のPtussibauに至る河川をモーターボートで遡り、あるいはスラウェシ島のPulupuluにて、私は密林に迷い、またある日にはフィリピンのミンダナオ島で、私は山賊から逃れつつApo山を征服し、その翌日にはソロモン諸島のSanta Isabel島にて、私はマラリアに倒れ、そしてイリアンジャヤのBiak島で、私はコルドホソオオトカゲを追って樹冠に迫り、ついには西イリアンのArfak山塊に至るにおいて、私はバンジージャンプで村の若者と共に大人になるのである。

そうして、お腹が空いたら席を立って、私は向かいのローソンに買い物に行くのだ。




Comment
この記事へのコメント
カワイイ(^^)♡
2011/ 09/ 25 (日) 17: 42: 28 | URL | リンコ # v7I0AZ6k[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。