Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萌黄
2009年 10月 14日 (水) | 編集

モエギホソオオトカゲ Varanus (Euprepiosaurus) reisingeri


レイジンゲリ


レイジンゲリ

 Euprepiosaurus 亜属のツリーモニターの中では2005年と極最近に記載された新顔。
分布地はニューギニア、イリアンジャヤ州の西に浮かぶミソール島です。
 商業名ではイエローツリーとか、ファイアーツリーとかスプラウトツリーとか色々呼ばれていて、ちょっとした色彩変異があり、雑誌によってはエメラルドツリー V. prasinus の地域個体群として紹介しているものもあったので、紹介された当初は、趣味の世界では種の認識が混乱していました。
 基本的には目の覚めるような蛍光感のある萌黄色でホソオオトカゲの中ではコバルトツリーに次ぐ衝撃を業界に与えた種です。

我が家には2頭いて、これは2頭目。
最初の個体がメスだったので、オスのつもりで入れたらこれまたメスでした。
意図したわけではないのですが、何故か我が家のモニター達はメス率が高いんですよね。
もう余程のベビーでない限り、雌雄の識別が外部からつくようになってしまいましたよ。

モニター全般、特にツリー系はメスが少ないように言われていますが、ショップの個体を見る限り、同定できていないだけで決してそんなことは無いように思えます。
まあ、メスの方が基本的にやや高価なので、同定できてない方が個人的には嬉しいんですが…

と言うことで、オスが欲しいというお話です。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。