Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Poecilotheria metallica
2011年 07月 10日 (日) | 編集

Poecilotheria metallica

Poecilotheria metallica

Poecilotheria metallica

Poecilotheria metallica

ゴーティサファイアオーナメンタルスパイダー Poecilotheria metallica


我が家に来てから大体半年。ようやく全長3cmくらいまでになった。レッグスパンだと6cm前後。
多分、次の脱皮でかなり綺麗になることだと思う。
この個体は何故だか他の兄弟達よりも1齢早く成長しているので、なんとなくオスのような気がする…
メスになれ、と毎日念を送り込んでいるのだけれど、なんとなくオスのような気がする…
次に脱皮したら脱殻を調べてみようと思う。

初めて蜘蛛というものを飼育してみて、最初はおっかなびっくりだったのですが、何とも楽な生き物ですね。
蝶の幼虫だと数日エサやりと掃除をサボるとたちまち餓死したり、病気になったりするものですが、さすが蜘蛛は丈夫。それに案外、面白いです。
これまで肉食の陸上節足動物は、カマキリくらいしか真面目に飼育したことが無かったのですが、タランチュラも中々飼育動物としてのパフォーマンスは高いです。今さらですが。
惜しむらくは、乾燥標本には向かないので、趣味者には飼育を楽しむくらいしか出来ないことでしょうか。

とは言っても、こんなインドの片田舎に棲息する蜘蛛を生きたまま外国に持ち出して、繁殖させて流通させている趣味者の情念というか怨念というものは凄まじいものがありますね。
いや、素晴らしい。




Comment
この記事へのコメント
こんにちは
やっぱりメタリカ最高です
次の脱皮楽しみですね
より強烈な青が楽しめますよきっと

しかし素晴らしいにつきますね!!!
2011/ 07/ 12 (火) 11: 05: 12 | URL | taka # -[ 編集 ]
ほんと次の脱皮が楽しみです。
メタリカはオスも綺麗なところが良いですね。メスになって欲しいですが…笑。
2011/ 07/ 14 (木) 18: 13: 59 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。