Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
単一色
2010年 12月 28日 (火) | 編集

Mehelya capensis unicolor

サバンナケープサンカクヘビ Mehelya capensis unicolor

 同じ姿勢の不連続写真。
 色々な方のご厚意のお陰で我が家にはユニコロールも居ます。ちょっと前まではサンカクヘビと言えばこいつでしたが、昨今いろいろな種や亜種が輸入されている為か、あまり目立たない存在になっているように思うのは気のせいだろうか。


サバンナケープサンカク

 ところでこうして見比べると、原名亜種のシロスジより細身ながらも鱗がよりゴツゴツと隆起しているので、格好良さという点ではユニコロールの方に軍配を挙げたい。特に背中の大型鱗とその隣の列の隆起がかなり強く、あえて言えばミツウロコヘビみたいな感じになっているのが素敵だと思う。


サバンナケープサンカク

 ちなみに亜種名の unicolor とは“単一色”という意味です。全身ほぼ真っ黒ですからね。





Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。