Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠きに在りて
2010年 10月 10日 (日) | 編集

ブラック V. beccarii

レイジンゲリ V. reisingeri

クロホソオオトカゲ Varanus (Euprepiosaurus) beccarii
モエギホソオオトカゲ Varanus (Euprepiosaurus) reisingeri

段々と寒くなってきましたね。特に夜は暖房かけないと25度切る日が増えてきた。部屋も乾燥してきたし、冬場の大型ケージでのツリーモニターの管理は結構面倒。我が家では朝と夜に風呂場から延ばした園芸用水撒きホースの霧モードでたっぷりと散水してますが、それが追い付かなくなる日も近い。

まあ元気そうですが、果たして数年前までインドネシアは西イリアン沖に浮かぶアルー諸島とミソール島で、いっぱいの大気の匂いと風をそれぞれ感じていた彼らは一体、ジャポンのアパートの一室で何を想うのか…などと寒さと共に感傷的になる日もあろうものです。

ああ、冬になると南に渡りたくなる。ミソールにもアルーにも行ってみたい。少なくとも私の周りでこの島々の大気の匂いを知っているのは目の前のこのブラック♂とモエギ2♀の3頭だけだ。
ああ羨ましい。




Comment
この記事へのコメント
ハイ、出会える出会えないにせよ、現地の彼らの空気を知らないと、彼らに関して語りたく無くなる秋の夜長ですね。そろそろ熱帯成分が枯渇します。
2010/ 10/ 10 (日) 21: 37: 54 | URL | 化の # -[ 編集 ]
化野さん
空気は色々と大事ですよ、やっぱり。吸わないと死んでしまいますからね笑。
2010/ 10/ 11 (月) 20: 32: 31 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。