Lepido and Scales
発掘
2009年 09月 27日 (日) | 編集

久しぶりに思い立って写真の整理をしていたら、本人も何処にやったか忘れていた写真がいくらか出てきた。

特にこれらの写真は元データを紛失したと思っていたので、嬉しい。



イワサキワモンベニヘビ Sinomicrurus macclellandi iwasakii


イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ

イワサキワモンベニヘビ
沖縄県 石垣島 野底岳 野底林道 2003. 10. 28

コブラ科のヘビで、先島諸島に分布しており日本のヘビの中でもかなりの珍品。

ヤエヤママルバネクワガタとチャイロマルバネクワガタを採集しに出掛けて行った時の写真で、残念ながら生きていないが、死後たいして経っていないようで状態は良かった。
最終日の午前中、飛行機にチェックインするまで3時間ほど時間があったので、レンタカーを返却する前に数日前にチャマルの成績が良かった野底林道をもう一度見て廻っていた時、側溝で伸びているのを発見した。
恐らく側溝から上がれずに朝の日差しで熱死したのだろう。夜中同じ場所には居なかったと記憶している。

一番見たかったヘビだったので、見つけた瞬間は信じられず、その後も動悸が治まらなかった。
持って帰って冷凍していたのだが、ゴタゴタで紛失してしまったのはつくづく惜しい。
惜しすぎる。。。
今でも帰京する度に探しているのだが…

ちなみに写真は今でも腕が悪いので、当時のものも当然期待すべくもないです。

ヒャンとベニヘビには出会うことが出来たので、次はハイとクメジマハイの現物を見たい。


Comment
この記事へのコメント
おぉぉぉぉぉぉ!これが前言ってたやつですね!なんだかいろんな写真見る限りもっと褐色っぽい感じを想像していたのですが随分と赤いです。腹板のバンドパターンはただ背面から続く感じではないんですね。

西表のように側溝がなだらかだったら上がれたのでしょうけども...
是非冷凍庫からの発掘を!笑
2009/ 09/ 28 (月) 13: 01: 52 | URL | ジーク # -[ 編集 ]
はじめまして、足跡から来ましたアダシノと申します。

ベニヘビ素晴らしいですね。ここ数年報告がないようですし、僕自身一時期かなり探していましたが、影も形もありません。腹板の写真は見たことがなかったので、非常に興味深いです。
 同じく稀種ヤエヤマタカチホもハペ屋より虫屋の方が見つける場合が多いので、あぁした隠遁的な生活をする蛇は材割なんかをした方がいいのでしょうね。

標本が発掘されることを僕も願います、笑。

2009/ 09/ 28 (月) 16: 24: 02 | URL | 化野 # -[ 編集 ]
ジークさん
そうですね、色々な写真を見ると褐色っぽいのもいるようですね。
と言っても僕も現物はこれしか知らないので何とも言えないですが(笑)
個体差なのか、成熟度合いなのか...

標本は進化研の冷凍庫で行方不明になったので、もう一度探してみます。
2009/ 09/ 28 (月) 19: 00: 27 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
アダシノさん
はじめまして。acraeoidesと申します。
いつもブログ楽しく拝見させて頂いています。

ベニヘビ、僕も見つけた時は信じられませんでした。
腹板については当時はそれほど注意しておらず、こんな写真しかなくて恐縮です。
 そうですね、虫屋は珍ヘビに出会うことが多いみたいです。
特にベニヘビはマルバネクワガタをやっている人達が割合見かけるようですね。

標本、僕も発掘したいです(笑)


ところで、もし宜しければリンクをさせて頂けると嬉しいです。
2009/ 09/ 28 (月) 19: 20: 09 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...