Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
擬態蝶
2010年 08月 14日 (土) | 編集

なんだか最近蝶ばっかりで爬虫類の写真が少ないですな。
というのも、サンカクヘビの写真を撮ろう撮ろうと頑張っているのですが、あいつ全然止まってくれないのですよ。ミミズがのたくるみたいに首を上下左右にブンブン振り回しながらダラダラと前進するので私のボロカメラではピントを合わせるのが困難なのです。なので本日もバタフライで行きます。


Calinaga lhatso

ラーツォクビワチョウ Calinaga lhatso funebris
(♂, 中国広西チワン自治区 大搖山 1996年6月 / Dayao shan, Guangxi, China, Jul. 1996)

 亜種名の funebris は『葬式の』とかいう意味で何だか陰気な名前ですが、実物を見ると実に格好いい!クロオオムラサキも同じ名前ですし、一般的に『葬式』と名が付く虫は素敵なものが多いです。
この標本はやや古い標本なので若干褪色してしまっていて、本来は全体的にもっと黒く、後翅の内縁はもっと黄色くてメリハリが美しいんですが…。

 中国の四川省や広西自治区あたりに分布しているらしく、以前紹介した東チベット~雲南省の原名亜種とは斑紋も翅形も似ても似つかないのが面白いですね。尤もこの仲間は斑紋形質以外ではまともに分類されていないので別種かもしれないです。カリナガ属はシロチョウやマダラチョウなどの毒蝶にベーツ型の擬態をしているとされていて、斑紋は結構コロコロ変わると思われるので、斑紋形質での分類はあまり有用ではないと考えています。やっぱり交尾器の解剖が必要ですね。

Calinaga lhatso


 そんなこんなで、こいつは何に似せているのかと言いうと、恐らくカザリシロチョウ属 Delias のベラドンナ belladonna 種群と擬態関係にあると思われます。まぁ全くそっくりという訳では無いのですが、恐らくパターンやコントラストが大事なのだと思います。デリアスと擬態関係にある鱗翅類は結構多いので面白いですよ。


Delias berinda

ベリンダカザリシロチョウ Delias berinda
(♂, 中国雲南省 紅河ハニ族イ族自治区 緑春県 1995年4月7日 / Luchun, Honghe, Yunnan, China, 7. Apr. 1995)

 ところで属名のデリアスDeliasとは『妖婦』の意。美しく毒があることから付けられたのでしょうね。更に写真の種群の代表種の学名がベラドンナ D. belladonna。ベラドンナは『美しい女性』という意味ですが、果実に強力な毒をもつ有名な毒草でもあります。妖婦で毒草って何だかロマンチックで素敵だと思うのです。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。