Lepido and Scales
elephenor再発見される!!!
2009年 09月 20日 (日) | 編集

このような大ニュースが。
蝶類学会のメーリングリストで知りました。
まさか生体写真まで撮られているとは !!


http://www.wildlifeextra.com/go/news/yellow-crested-spangle.html#cr


本種、オナシカラスアゲハPapilio elephenor はインドのアッサムやカシ丘陵から記載された種で、すでに過去数十年間は記録がありません。当然どこに居るのか分からない状態で、標本も世界中に大した数はありません。

カラスアゲハ亜属Achillidesに属する種のなかでは、頭部や腹部が白く、翅形や斑紋がクロアゲハっぽい形態をしており、非常に特異的な種として知られています。

おそらく毒蝶であるアケボノアゲハの仲間に擬態している可能性が高いですが、当然ながら生態のまともな観察例など全くありません。そんな蝶の生体の写真…
撮影は5月のようで、おそらく発生時期なのでしょう。年何化するのか、飛び方、食樹など、色々と気になるところです。

昨年末、渋谷のインセクトフェアで古い標本が出ていましたが、最終的には100万近くになったそうです。
私は当然買えないので、伏し拝みながら写真を撮らせてもらいました。
見ることが出来ただけで眼福でした。

ニュースの場所はトラやゾウを中心対象とした自然保護区だそうで、個人採集は無理そうです。そもそもインドなので無理ですが。
あ、ついでにゴイシツバメシジミも見つかったようですね。


今回ニュースを見て、飲みかけのジュースを吹きそうになりました。

先日biddersで出品されていた2007年採集のモエルネリマネシアゲハChilasa moerneri といい、近年幻のチョウの再発見が相次いでいますね。
こりゃブータンシボリアゲハも時間の問題かな。




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...