Lepido and Scales
南太平洋の魅惑
2010年 06月 15日 (火) | 編集

そんな訳で先日に続いて、今日はニューカレドニアに行きたい、というお話です。


ガンマフタオ Polyura gamma

Polyura gamma

Polyura gamma
(♂, Mt. Koghi, alt.500m, New Caledonia, 27. Dec. 1995)

 熱帯アジア~オセアニアに分布するフタオの中では最も小さな種で、分かりやすく言うとモンシロチョウより少し大きい位のサイズ。大きさもですが、地色が黒いことと言い、裏面の斑紋があんまりモディファイされてないことと言い、更にはアンテナ先端の棍棒が非常に太くて綺麗にオレンジと黒に色分けされることと言い、ヒメフタオ属 Polyura としてはかなり異質な印象を与える種です。


Polyura gamma

 Smiles (1982)を見ると本種はポリウラの中では最初に分岐した、最も祖先的な種とされてますが、確かに裏面の条斑があまり消えたり融合したりしていないところを見ると、祖先的な形質状態を多く持っているのは事実のように思いますね。
 ニューカレドニアにはもう一種、クリタルクスフタオ P. clitarchus という固有種がおりますが、こちらはウォーレシア~オセアニアに広くいるフィルルス種群 pyrrhus groupという白い連中の仲間なので、ガンマとは系統がかなり異なっていて、おそらく後になってニューギニアかソロモン辺りから侵入したんじゃないかなぁ、と考えたりしてます。


Polyura gamma

 まあ難しいことはさて置いて、その大きさ、色、変な形や斑紋と、見れば見るほど魅力的なフタオじゃあないですか。マイナーな種ではありますが、何よりもニューカレドニアの固有種!というのが途轍もなく私の心を直撃します。だってニューカレドニアですよ。日本から見たら地球の果ての熱帯の楽園ですよ。近くにあのエロマンガ島まであるのですよ。これが憧れずにいられましょうや。


Polyura gamma

 この派手さの欠片もないところが素晴らしい! 何と言うか、私の好きなちょうちょはあんまり派手ではなくて異質な雰囲気、形を持っているものが多いんですが、このガンマフタオは正にそれだと言えましょう。

 ニューカレドニアは、フタオチョウに限らず多くの動物が固有種として知られていて、まあ島なので種の多様性はそれほど高くはないのですが、爬虫類などでは属単位で固有の系統が多く、間違いなく生き物好きには堪らない約束の地でございましょう。調べると昨今は成田からピューと一直線に飛んで行けるそうで、これはあなた、もう行くしかないじゃないですか。なので是非行きたい、凄く行きたい。


Polyura gamma

Polyura gamma
(♀, Mt. Koghi, alt.500m, New Caledonia, 27. Dec. 1995)

 メスは表面のバンドが太くなって全体的に赤みがかり、オスより一回り大きいです。やはりフタオの例に漏れずオスより採り辛いみたいで、中々綺麗な標本は入手できないですね。完全品が欲しいんですが、ニューカレドニアも時代の流れか最近は生物の採集・持ち出しに厳しいですからね。なかなか機会に恵まれませぬ。


Polyura gamma

 標本の産地はコギ山。結構有名な山だそうで、爬虫類なぞも沢山居るようです。リンク先のブログで固有属のババイヤヤモリの現地写真なんかがアップされてましたが、木の上にはミカドヤモリとかクチサケヤモリなんかもゴロゴロしてるのかと思うと、もう堪らんです。そんな訳で、斯くも南太平洋の島々は生物好きを魅了してやまない訳です。




Comment
この記事へのコメント
ニューカレのグランド・テラ、つまりは本島は駄目です。僕は嫌われているようです。なので、パイン島に行きましょう。森は近いし、ウミヘビ多いし、たぶんこのクソ地味なヒトもテレテレ飛んでますよ。
2010/ 06/ 15 (火) 23: 31: 42 | URL | 化野 # -[ 編集 ]
まだ行ったことないので、どちらも行きたいですが、良いですね。その内行きましょう!
2010/ 06/ 16 (水) 16: 02: 57 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
フィジーにも似た種がいますよ。
コンタクトしていただければ写真を提供しますよ。
2016/ 03/ 25 (金) 14: 34: 35 | URL | 永盛拓行 # -[ 編集 ]
コメント有難うございます。
フィジーのと言いますとPolyura caphontisですね。
当方もボロですが研究用に数ペア所持しております。Charaxesを優先して集めていたので、後回しになっておりますが、このご時世、新鮮な完品はなかなか入手が困難ですよね。
2016/ 03/ 27 (日) 18: 59: 10 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...