Lepido and Scales
竜骨
2010年 06月 02日 (水) | 編集

ヨナグニシュウダ Elaphe carinata yonaguniensis

ヨナグニシュウダ

ヨナグニシュウダ

どうやら2mを少し過ぎたところから成長が緩やかになったようで、脱皮の頻度も目に見えて減った。
ここから何とか大きくなって欲しいところですが、時間が解決してくれるのかしら。
それともここでストップですかね。


ヨナグニシュウダ

種小名 carinata の「carina」は<竜骨>を意味する単語で、まあ鱗がキール立ってるから付いた名ですね。爬虫類では鱗にキールのある連中の種小名が「carinata」とされていることが良くある気がします。この前書いたモレリアのカリナータやカンドイアのカリナータなんかもキールがありますしね。緑色の種にプラシナって付けるのと同じで安直ですが、特徴をとらえていますし、私はこの語感が結構好きです。
それに鱗翅目のオス交尾器の挿入器先端についてる棘上突起列もcarina(carinae: 複数)ですしね(笑)

やっぱシュウダは触り心地がザラザラしてこそだと思うのです。



Comment
この記事へのコメント
与那国へ行きたい、そんな気持ちにさせるのは与那国島が日本最西端だからでも無く、「遺跡ポイント」へダイビングがしたいからでも無く、ましてやDrコトーのロケ地へ行きたい訳でも無い、唯々野生のヨナグニシュウダが見てみたいからだ。
2010/ 06/ 03 (木) 16: 22: 10 | URL | Mr monday # -[ 編集 ]
Mr Mondayさん
同じく、僕もまだ行ったこと無いので行きたいです。シュウダも見たいですが、ヨナグニマルバネクワガタやノブオオアオコメツキなんかも採りたいですねぇ。
2010/ 06/ 04 (金) 21: 28: 28 | URL | acraeoides # aCXfCcIc[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...