Lepido and Scales
Ornithoctoninae sp. Laos
2017年 07月 09日 (日) | 編集

IMG_4310--_2017070922502512d.jpg

Ornithoctoninae sp. Laos

ラオス産の地中性タランチュラ。
Sp.扱いなのは未だ分類が成されていないか、同定が進んでいない為で、属すら確定していないが、おそらくCyriopagopus(旧Haplopelma)か、Ornithoctonusあたりの属に含まれる様に思う。
現地では高い崖に穴を掘って生活しているそうで、この仲間にしては脚が長い様に思えるのは、生活環境に対する適応かもしれない。
写真の様に、幼体は脚に桃色の長毛が生えており、頭胸部や腹部の明るい模様と相まって、物凄く美麗。他の似た種では脚の色は一様に暗色なので、こいつは飛び抜けて異質な印象を受ける。

また、足の速さは驚異的で、速い速いと言われるオーナメンタルPoecilotheriaなど目ではなく、スタートからの瞬発力とスピードは、私が見たアースタイガーの中では最速。




copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...