Lepido and Scales
オナガサンカク
2015年 05月 31日 (日) | 編集



オナガサンカクヘビ Gonionotophis poensis

何年か振りのヘビの写真がiPhoneで撮った汚い1枚というのも何ですが、お久し振りです。
何となく蝶ばっかりアップしていたら、爬虫類を撮るのが億劫になり早数年。只々面倒だっただけで、飼育を止めていた訳では御座いません。

さて、ポエンシス。最近久し振りにまとまった数が入荷しましたね。前に載せたのはまだ小さい個体でしたが、これはかなり大きい。
ネット上にある正しく同定されたこの種の画像は、当サイトの写真以外ではKate Jackson氏のたった2枚しか無いのですが、それが大きな成体でした。他には同定はされてないけど現地でシャベルで鱠切りされている写真とか、衣装ケースにゴシャッとサンカクが何種も混ざった中に写っている写真とかもありますが、これらも大きく、総じて単三電池よりも太そうでした。文献でも1.2mになると書いてありますね。
けれども今まで国内に入荷したのは小さく華奢で、鉛筆くらいの太さの個体ばかりだったので、成体の現物を見るまでは、何と言うか、どこか遠い国のお話で(実際そうだけど)、太くて大きなポエンシスというものに現実感がなかった訳です。なので今回入荷した、本当に単三電池よりも太い個体を見て、かなり感動しました。ヘビ見て感動したのって実に数年振りなんですが、こんなヘビで感動するところが、私のヘビ友達の少なさを物語っているような気がしないでもありません。

因みに、サンカクヘビの属名ですが、現在はMehelyaGonionotophisのジュニアシノニムとするのが世の中のコンセンサスのようです。
それと、本種とよく似ていると言われるギラルサンカクヘビG. guirali との違いですが、頭を横から見るとより扁平で、尻尾の尾下板数が大体80~100枚以上あるのがポエンシス、尾下板数が50~70枚なのがギラルです。
この2種は分布のレンジが割と重複するので、いつかギラルを抜いてやろうと、見かける度にせこせこと鱗を数えさせてもらうのですが、残念ながら未だに遭遇しません。欲しいなぁギラル。




copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...