Lepido and Scales
Tawi-Tawi ②
2014年 12月 30日 (火) | 編集

image (7)-
(♂, Bongao Peak, Bongao Is., Tawi-Tawi, Philippines)

アミクスフタオ Sulu諸島亜種 Charaxes amycus sangana

先日、10余年越しの怨念が成就した。スールー諸島はタウィタウィのアミクスフタオssp. sangana ♂。
フィリピン全域に分布する本種の中において最も異様かつ特異な亜種。タウィタウィという場所とこれに関しては以前少し触れたことがあるので、詳しくはそちらも併せて読んでいただければ幸いであるが(Tawi-Tawi)、改めて簡単に解説すると、とにかく黒いのである。

本種アミクスフタオはパラワン島を除くフィリピン国土全域に分布している。幾つかの島毎に多くの亜種が知られており、これらは(見慣れると)一見して区別できる。とはいえ並べてみると、北のバブヤン諸島から南のミンダナオ島まで、翅の斑紋は基本的にオレンジと黒である。ミンダナオ近辺では特に黒色部が減退し、色調も明るく、メスでは白帯が出ない。
ところがミンダナオから更に飛び離れた遥か南、むしろ距離的にはボルネオに近い位置に分布する本亜種は、オスの黒色部が極大に発達し、地色も褐色に近い。ミンダナオまでを俯瞰すると、変異はあるとはいえ纏まっているのに対して、これだけ突然心臓に悪い斑紋をしている。

下の北から南へと並べた箱の写真を見て頂ければ、その異様さが理解できるだろうか。

amycus3.jpg

amycus1.jpg

amycus6.jpg

メスは以前に入手していたが、やはりこの亜種はオスがあってこそ。そういう訳で、今年入手したフタオの中の最後のひと品にして、最大に嬉しかったものがこの個体である。大体モノが揃ってくると、こういうどうしようもないものが残り、それが時間と共に憧れから怨念へと転じてゆくのだが、これで一つの呪いが解放されたことになる。

1995年と少し古く、状態も決して良いとは言えない標本ではあるが、これぞまさに比国におけるタテハの帝王である。しかも日本人の採集品というのが凄い。

近年、タウィタウィの中でも、この標本が採集されたBongao島は治安が良くなってきたようで、以前のように装甲車に護衛されて採集したというような話(約20年前)とは状況が変わってきているようだ。とはいえ、僻地ではあるのでこれからも採集に訪れるような者はまだまだ少ないのではないだろうか。

さて2014年も最後の更新ですが、数えてみたら今年はこれを含めて16回しか更新しておりませんね。
更新というよりは、もはや生存報告のレベルですが、ご訪問いただきました皆さま、本年もお世話になりました。来年もこんなペースで、思い出したように何となく更新されていくと思いますが、引き続き宜しくお願い致します。

あ、ヘビもまだちゃんとおりますよ。




copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...