Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当にいない
2010年 07月 29日 (木) | 編集

ライノラット

ライノラットスネーク Rhynchophis boulengeri CB

 熱帯とか亜熱帯ってヘビの種数が多いので行けば沢山見られるんじゃないか、とか考えがちですが、これがまあ驚嘆するほど見つからない。いや、居るんでしょうけど、我が国の本州や琉球みたいに、一日の内であっちこっちに見られるのを想像して行くと本当に全然いないのです。私はどちらかと言えば昆虫採集が目的で、あんまり蛇を真剣に探さない(探す余裕がない)ので説得力には欠けるのですが、同じく出掛けていった爬虫類屋に聞いても等しく同じ回答が返ってきますね。

 今までモラトリアムと調査の名のもとにちょいちょいと行きましたが、回数と日数を勘案しても大して蛇に出会えてません。一応挙げてみると、ボルネオでの合計60日間で見たのはブロンズバックの一種 Dendrelaphis sp.,キスジナメラ Coelognathus flavolineatus,ヒバァの一種 Amphiesma sp.,同行者が採ってきたボルネオスジオ Orthriophis taeniurus grabowskyi ,アオハブの一種 Viridovipera sp.,車に向かって防御ディスプレイをしたらしくそのまま轢かれたアマガサヘビの仲間 Calliophis intestinalis,同じく轢かれたスマトラコブラ Naja sumatorana がそれぞれ一頭づつくらい。マレー半島ではトータル30日いたにも関わらず、アオハブの一種 Viridovipera sp.が一頭という体たらく。それと中部ベトナムの14日間で変なミズヘビと、轢かれたチャパナメラ Elaphe bella の死体にそれぞれ一回遭遇しただけで、タイやラオス、海南島では一回も見られませんでした。まあ私がヘボいと言われてしまうとそれまでなのですけど。


Bach Ma国立公園
Bach Ma国立公園
Bach Ma国立公園
Bach Ma国立公園
(ベトナム中部 バックマー国立公園 / Bach Ma National Park, C. Vietnam)

 なのでライノラットもベトナムであわよくば、とか考えていたんですが、まあ一体どんな所にいるのやら全く想像が付きませなんだ。一応、上の写真のような環境で気を付けてはいたのですが…逆にもっと農村に近い疎林とかの方がよかったのかも知れないですね。ろくな虫は居ませんが。

ともあれこの蛇が今、日本でそこそこ気軽に飼えて、しかも結構殖やされているなんてことは実際凄いことなのだと思います。




スポンサーサイト
copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。