Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aiming in the darkness
2011年 06月 21日 (火) | 編集

ミドリナメラ

ミドリナメラ Rhadinophis prasinum


やはり地べたのポーズよりも、こういった状況の方が画になりますな。
ところでプラシナムってこういうシュウダみたいな模様が素敵だと思うのです。
という事は、結局はシュウダが好きという結論になるのかもしれない。




スポンサーサイト
2010年 08月 22日 (日) | 編集

ミドリナメラ
ミドリナメラ Rhadinophis prasinum

元来イジケ気質なのと、最近部屋が暑いのとでちょっとバテ気味。
今夏はエアコン全開でも飼育部屋の室温が昼間30°Cを切らない上に、春に扇風機が昇天したので大変冷却効率が悪い。なのでちょっと色が悪いですな。今日からエアコンの近くにケージを移動したので是非とも今夏も頑張って欲しい。
しかし今回の写真はオリンパスμで撮ってみたのだがどうも思ったように撮れない。まだ使い慣れてないからだと思うけれども、いつも使っているカメラよりものっぺりした写りになってしまってやや不満。
やはりレンズの小さいコンデジだと駄目なんですかね。まあ基礎を殆ど勉強せずに感覚と適当で撮っている人間なので偉そうなこと言えないんですが。


ミドリナメラ

しかしこのヘビ見れば見るほどフレナータと同属には見えないんだが、Utiger, et al. (2005)の形態と分子の合意樹や、Burbrink & Lowson (2007)の分子系統樹を見るとかなり高い支持値でクレードを組んでるので、とりあえずこの2種で単系統なのは間違い無さそう。
それぞれがお日様の下でどんな生活をしているのかは分かりませんが、やはり主なハビタットに適応的な体型になっていると想像するのが妥当なんでしょうね。

扇風機買わねば。



Dead or Alive
2010年 02月 10日 (水) | 編集

ミドリナメラ


 ついさっき大学食堂のセルフコーナーのおでんにオオクロバエが浮いていたんですよ。ダシが出きった感じでつゆに馴染んでいたのでこりゃもう結構時間が経っているな、と。
 ダイコンとこんにゃくを皿に取ってから気付いたんですが「まぁ大丈夫だろう」という根拠のない自信を発揮して食した訳です。まぁ、お味は普通のおでんなので大変美味しく頂いたんですが、食べた後にこの時期何処から来たのか?、おそらくここ数日の陽気で大陸から飛んできたんだろうなぁ…とか考えていた訳ですが、突如としてキャンパス近くに豚舎と堆肥場があることを思い出したのですね。

 オオクロバエってそういう所が大好きな輩なので、すこし気分が悪くなりましたね。

 さて、このくそ忙しい時期洒落にならんのですが、O157とか大丈夫でしょうか。

 Dead or alive


緑蛇考
2009年 11月 06日 (金) | 編集

ミドリナメラ

ミドリナメラ

ミドリナメラ

ミドリナメラ

プラシナも我が家に来てから4ヶ月経って、鉛筆ほどの太さから人差し指の太さくらいまで成長した。

当初思い描いていたよりも暗めの緑色で後半部分はどちらかと言うと鶯色に近い。
鱗の縁に滲むように発色している青色もちょっと暗めで、目を凝らさないと分からんです。
成長したらもう少し明るい青になるのでしょうかね?体色の個体差がどのくらいあるのか知りたいところです。
それともトカゲみたいに多少なりとも紫外線当てた方が綺麗になるのだろうか。

吻端は豚鼻っぽく、割とがっしりとしていて、近縁とされるフレナータとは似ていないように思います。
ホソツラやジャンセンは言うには及ばず、フレナータやプラシナなどGonyosoma 属とされるこれらの種は頭部の形や鱗の質感、サイズなどがかなり異なるので本当に同属でよいのか疑問に思います。
フレナータなんて頭部の形状や鱗の質感なんかから、むしろライノに近い気さえしてくる。
まあ、ライノは後牙だから違うかな。
そもそも後牙への進化って一回なのだろうか。勉強してないので分かりません。

最近の細分化は何を基準としてるんでしょうね。形態なのか、それとも分子なのだろうか。
DNAで系統樹描いたら、何となく単系統になりそうな予感もするけど。うーむ。
論文を読みたい。



成長
2009年 09月 08日 (火) | 編集

ミドリナメラ/Elaphe prasinaが昨晩脱皮。


G.prasina

ミドリナメラ

ミドリナメラ

導入からそろそろ2ヶ月。
来た頃は頭の大きさといい胴の太さといい、ひ弱なイメージだったけれども、随分と大きくなった。
食べる度に太さを増しているように感じるのは幾らなんでも気のせいだろう。



しかし、今使っているカメラは本当にダメだ。
マクロにしても至近まで寄れないし、特にオートフォーカスがろくでもない。
それと深度がいじれたらもう少しマシな写真になるのに...
まあ、10年前のコンデジなので仕方がないのだが。
因みにチョウの写真は大学の撮影装置で撮っています。


copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。