Lepido and Scales
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱皮
2016年 06月 27日 (月) | 編集

1--_201606270131513bb.jpg

Xenesthis sp. "Blue". Female.

脱皮直前。


2--.jpg

脱皮中。


5--.jpg

脱皮完了。


7--.jpg

何となく2枚。



起き上がってからの写真は撮ってない。






スポンサーサイト
Hati-Hati
2016年 05月 23日 (月) | 編集



スラウェシパープルアースタイガー Ornithoctoninae sp.

同定および分類整理が成されていない為、趣味の世界ではCyriopagopus sp. "Hati Hati"という名で流通している。
おそらく所属としては、いずれOmothymusPhormingochilus に入るのじゃないかと思う。
写真を見ると、パープルの欠片もない渋い色合いだが、これは脱皮してから時間が経過しているため。脱皮後暫くの間は呼び名のとおり結構綺麗な瑠璃色なのだが、日が経つにつれて写真のような渋い色に変化する。画像検索していただければ納得されるはず。

ところで"hati-hati"とはインドネシア語で"危険, 注意"という意味で、同じインドネシア語の"awas"(マレーシア側で多用される)とほぼ同じ意味。山道の急カーブの道路標識とかによく書いてある単語だ。
いかにも凶悪な性格を予想させる呼び名だが、私が扱った限りではこの仲間の中では最も荒くない気がする。


hati1-.jpg

とはいえ、面白い呼び名なので、記載される際には是非これを種小名にして欲しい。そういえば科博の野村さんが、ご自身が記載したアリヅカムシの種小名にawasって付けておられたなぁ。




アースタイガー(大型種)の分類についての覚書
2016年 05月 01日 (日) | 編集

1--_201605011533199c2.jpg

スラウェシブラックアースタイガー
Cyriopagopus sp. "Sulawesi black" 改め Phormingochilus carpenteri

昨年、この仲間が形態形質に基づいて分類学的再検討された折に新種として記載され、これまで趣味の世界でCyriopagopus sp. "Sulawesi black"と呼ばれていたものがこれにあたるとされた模様。

この論文では、これまでHaploperma 属とされていた全ての構成種がCyriopagopus 属に移動となり(HaplopermaCyriopagopus の新参シノニムとして処理された)、Cyriopagopus 属とされていた構成種全てとシンガポールブルーアースタイガーLamploperma violaceopes は、長らくCyriopagopus のシノニムであったOmothymus 属を復活させ、そこに所属を移された。Lamploperma 属については、現時点でネームのある種のみを扱うと、サンギへブラックアースタイガーL. nigerrimum のみが含まれる単型属となる。

ここでは所属が明言されていない、若しくは扱われていないが、趣味の世界でボルネオブラックアースタイガーLamploperma sp. "Borneo black"と、スラウェシパープルアースタイガーCyriopagopus sp. "Hati hati"と呼ばれるものの所属が今後どうなるのかも気になるところである。

SMITH, A.M. & M.A. JACOBI. 2015.
Revision of the genus Phormingochilus (Araneae, Theraphosidae, Ornithoctoninae) with the description of three new species from Sulawesi and Sarawak and notes on the placement of the genera Cyriopagopus, Lampropelma and Omothymus.
Journal of the British Tarantula Society, 30(3): 26-48.




Poecilotheria ornata
2016年 04月 08日 (金) | 編集

image (2)--

image--_20160403230811909.jpg

フリンジドオーナメンタル Poecilotheria ornata

流石オルナータという名だけは在ると言うべきか、まだ体長2cmに届くかという程度であるが、既に成体の鮮かな模様や毛色が現れている。




Funeral color
2016年 04月 03日 (日) | 編集

36---_2016040322132341f.jpg

47---.jpg

アイボリーオーナメンタル低地型 Poecilotheria subfusca "Lowland form" Female

先日のものと同個体。このほど脱皮して、黒い部分がより黒くなり、ようやくそれらしくなった。




copyright (C) Lepido and Scales all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。